レンタルサーバ エムズのバナー



各種ご案内
よくある質問を項目ごとにご案内をしています。

問い合わせ

ドメイン移転出来ない場合
特定の条件のある場合は期日内にドメインの移転が出来ない場合がございますので契約先に問い合わせの上ご確認下さい。


ユーザーサポート
お名前.COMの場合をご案内しています。レジストラがNSI ( Network Solutions ) /MIT ( Melbourne IT ) /Tucows /その他の場合は相談下さい。

ユーザーサポートトップに戻る


ドメイン移転について
「 ドメイン管理代行 の有無 」を確認下さい。
「ドメイン管理代行」とは、ドメイン管理団体に対するドメイン費用の支払いや更新手続きなどを弊社に委託することです。 「ドメイン管理代行あり」を選んだ場合、これらの作業を弊社で代行します。「ドメイン管理代行なし」を選んだ場合、これらの作業はお客さま自身で 行っていただくことになります。

一般ドメイン名 ( .com/.net/.org/.biz/.info )
ドメイン名情報を入力する 「ご希望のドメイン名の入力」 という入力欄の下にドメイン【移転の場合】とあります。この欄に「移転したいドメイン名」を記入して、申込下さい。

※移転に必要な期間は最短で約1週間 ( コンテンツの準備などに必要な日数は除く )
ご自身で管理される場合は入力は不要です。

入金確認後にサーバーを設定致します。
入金確認後、弊社にてサーバー設定を行います。サーバー設定完了後、メールにて ID/パスワード、コントロールパネルの URL など各種設定に必要な情報をメールにてご連絡します。
この時点で弊社サーバーへの接続が可能になります。コンテンツの移動などサーバーの準備を行ってください。 サーバーへの接続はサーバー名や「192.xxx.xx.x」などの IPアドレスにより行うことができます。

ドメイン移転申請
お客さまのドメイン名を弊社サービスでご利用いただくには、現在の管理者 から、弊社管理下にドメイン名を移管する 「ローカルトランスファー 」 というドメイン移転作業が必要となります。 弊社でローカルトランスファーの作業を進めていきますが、この作業では、現在のドメイン名の管理者 ( Administrative Contact ) による承認作業が必要となります。詳細な作業内容については、お客さまにお送りするメールに記載されています。こちらの案内をご参照いただき、お手続きくださいますようお願いいたします。

【ご注意】お客さま側で承認作業が必要です!
管理レジストラのお名前.comより承認依頼のメールが届いた場合には承認作業を行ってください。
【ご注意】ドメイン情報の変更は行わないでください!
STEP5のご連絡以降は、お客さま側でドメイン情報の変更は行わないでください! ローカルトランスファー完了後に変更前の情報に戻ってしまう可能性があります。

管理レジストラのお名前.comへの承認作業
申請から2日以内に、移転先レジストラとなる「お名前.com」よりトランスファー申請の承認作業を 求めるメールがドメイン管理者(administrative contact)のメールアドレス宛に届きます。 メール内に記載のURLを開いて、移管承認画面を表示してください。
移管承認画面が表示されましたら、「承認する」ボタンをクリックしてください。
※承認作業後、お名前.comやレジストリのドメイン名の確認により、レジストラトランスファーが不可となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。この場合には、弊社よりお客さまへ内容をご案内させていただきます。

ローカルトランスファーの完了
ローカルトランスファーの作業が完了すると、お名前.com から弊社に完了通知が届きます。その後、弊社よりお申し込み時にご記入いただきましたお客さまのメールアドレスへ、ローカルトランスファー完了の通知をお送りいたします。

ネームサーバー情報変更
DNSサーバー ( ネームサーバー ) 情報の変更作業を行って頂きます。 コンテンツの準備が完了しましたら、お客様専用のコントロールパネルの各種お手続きより「DNS情報変更」ボタンをクリックし、DNSサーバーの情報変更をご依頼ください。

お申込の完了
お客さまからDNSサーバー ( ネームサーバー ) 情報の変更依頼を受けると、弊社にてDNSサーバー ( ネームサーバー ) 情報の変更作業を行います。この作業は依頼をいただいてから 2~3営業日以内に行います。 DNSサーバー ( ネームサーバー ) 情報の変更作業が完了すると、お申し込みのステップはすべて終了となります。

プロパゲーションが発生します。
サーバーを移転しても、『サーバーが重たいまま?』や『表示されない!』の不具合が発生する場合がありますが、多くの移転に際して起こりうる現象です。
この状態をプロパゲーションと言い以前利用していた移転前のサーバーのページを表示したり、今現在のページを表示したりします。長い場合で数週間に及ぶ場合がありますが、ルートネームサーバー『ホームページのアドレスを管理するお役所の様な物』の書き換えが完了すると治まります。

※以前のサーバーのデータを削除せず、移転先のページと区別する意味で印を付けて置くとどのサーバーを表示しているかが解り易いと思います。
Copyright 2016.
レンタルサーバーMzエムズ (ホスティング)
サービス All Rights Reserved